あきらっきーの生き方羅針盤


***

あきらっきーの
生き方羅針盤
◆◇MENU◇◆

[人間界] の存在意義を解説

[人間界] の存在意義を解説します。

[霊界が本来の世界なら 人間界は保育園 幼稚園クラス]と申し上げました。そこで、人間として、幼き頃を回想してみましょう。
貴方は「何が善で何が悪か」区別が出来ましたか?

一つ目:善悪の判断基準は、親や先生に[ことば]で教わったと思います。
二つ目:自分が他人から嫌な目に合った、助けて貰った、他人がやっている事を見て「それは良い事だ、それは悪い事だ」と、自分の感情 考え[理性]で区別してきたと思います。

生まれる前から、予定通りの人生は有りません。
生まれる前から、○○さんと結婚する定めも有りません。
決められた予定通りの人生なら、生まれて来る必要が
有りません。
何が起こるか判らないから勉強に成るのです。

生まれる前に決めて来る事は、○○の事を行う予定。
○○さんと出会う予定に成っている 事くらいです。

善悪は、理性が高いか低いかに 言い換えられます。
悪事を働くと云う事は、善悪の判断が出来ない未熟者と云う事です。善意を理解出来る者は、理性が高いと云う事です。

この理性こそが、各々が所有している [聖書] なのです。
聖書のページが少ない者が 人間では悪人、霊界ならば 低級霊と呼ばれます。
聖書のページが多いものは、人間では善人、霊界ならば 高級霊と呼ばれています。

私達は、未熟霊と云った処でしょう。これから高級霊を目指して、勉強や修行の短期集中講座を実践しに、人間界に一瞬の間、来ている訳です。しかも最大4回迄。

霊格が上がれば、課題や問題も難しく成ります。
悩むと云う事は、ステップアップの課題を出されてると受け止めて下さい。苦しかったら休んで良いんです。
制限時間は有りません。何でしたら、目の前の問題を先送りにだって出来ます。その間に、経験を積んで再度巡ってくる課題にチャレンジすれば良いのです。

神様は私達の究極の親です。
私達は神様の遥か下界にいる子供です。

人間界では、自分と違った考え方、価値観、霊格の差がある者同士が 出会う事を目的にされてます。
違う者同士で比べる事でしか、理性や感性が磨かれないからです。自分と同じ考え 同じ価値観の人間同士だったら、何の疑問も 学びも 刺激も受けません。

夫婦なら、男性と女性、対局の人類が一緒に成る。
その夫婦に生まれる子供も また 異なる性格を有する。

ただ、なんにしても例外 特例は有るものです。
同性愛の夫婦なら、魂の上では異性なのでしょう。

人間界に大仕事を目指して来たなら、夫婦親子で有りながら、共通の目的を持つ同士で有るでしょう。

次に[神様が なぜ人間を助けないのか]を解説します。 あきらっきー

日時:2017年8月10日 20:08

ホームページTOPへ |「スピリチュア(ル)リズム」について »

プロフィール

運営者のプロフィール  _/_/_/_/_/_/_/_/_/